アナログツールorデジタルツール + アプリ、共存新旧6選

 

アナログとデジタルの共存

デジタルとアナログを比較する話になった時、デジタル最高とされている方が大半で間違いなく自分もその一人です。
しかしアナログにもアナログなりの良さがあり、貴重な創作品となるかも知れませんよね。今回はブログ管理人のようなデジタル完全移行が無理な方向けの、新旧ツール共存を軸とした記事を考えてみましたので、知らないツールがあれば一見していただけると幸いです。

ツール併用6点の紹介

アナログ・デジタル・アプリ共にどれであっても、作業を楽にできる嬉しいポイントがあるなら新しさを問わず使わないに越したことはありません。人を選びますが便利なコスパ良しサブツールを所感とともに紹介いたします。

①トレス台
②モバイルバッテリー
③複合機プリンタ(スキャン用)
④クリップボード
⑤CamScanner(スマホアプリ)
⑥バッチリサイズ/写真リサイズ(スマホアプリ)

                                                                                                                                                                                                                                          

①トレス台

言わずと知れた定番アイテムではないでしょうか。電源供給によって下からライト照射してイラストを写せます。昔はコンセント電源かつA3サイズ・厚さも10cm程あるゴツさでしたが、最近ではUSB給電で調光機能付き、厚さ1cm以下の品が2000円台の低価格で存在します。


                                                                                                                                                                                                                                          

②モバイルバッテリー

スマホ等のUSB端子機器を充電できる携帯バッテリーです。上記でのトレス台にも使え、その他の用途にも併用できるのがありがたいです。既に持っている方もいるのではないでしょうか?もし、板タブレット液晶ペンタブレットのペンが充電切れなら、それらにもいかがでしょうか?


                                                                                                                                                                                                                                          

複合機プリンタ

共存型の方はせっかく紙に描いたイラストをデータとして扱うので必需品。インク減りが早いのが難点ですがスキャナ単体しか選べなかった時代と違い、プリンタを含んだ安価な複合機が買えるいい時代になりました。有線LANの方は無線不要ですが、どうせ買うならPCにwifi接続できるワイヤレス環境にしたいものです。


                                                                                                                                                                                                                                          

クリップボード

いわゆるA4コピー用紙をボードにクリップ留めする100円均一でも買える文房具です。何気ない品ですがアナログ派には必要品で、机に紙を引いて作業をする際の目線による遠近差の差異に対し角度を簡単に付けられる手っ取り早いツールです。

                                                                                                                                                                                                                                          

⑤CamScanner

スマホ隆盛の流れで、実は複合機を買わずともアプリでスキャンできるのでご紹介です。ipone/androidどちらにも対応しており、スキャンした画像をそのままPCへ送信します。しかも紙の真上からスキャンせずとも、奥行きがある画面を平面に補正する機能がフリー版でもついてきます。余裕がある方は有料版へお布施してもいい位です 。


                                                                                                                                                                                                                                          

⑥バッチリサイズ(iphone)/写真リサイズ(android):

画像をスマホに送る際のオマケアプリですね。スマホ画像も年々綺麗になり、それに伴い解像度データも上昇しています。その際に、重たい画像をメール送信できない、だからといってスマホをPCに毎回USB接続するのは気が引けます。
そこでアプリを使えば解像度を敢えて下げておけば接続なしでもデータ送信が可能。画像を多く送信するならこのアプリは必須かも知れません。


既出でしたら、すみません

今や原稿をデジタルで扱うプロが沢山いる方が多いので、今回の内容は絵に慣れてる方には当たり前過ぎたかも知れません。しかし、これから絵を始めるにあたってアナログ環境をどう切り替えるかもおぼつかない方もいるかと思い、記事を書かせていただきました。
時代が進めば更に便利なツールが出てくることは確実ですが、その時には再度ピックアップしてご紹介いたします。でわでわ~。

 

 

?