絵師側:依頼の受け方について

これから絵師を始めてみる人へ

アミーボ

2017年より絵師活動を始め、現在も何とか継続しているトトです。
今回の記事ですが絵師を始めるにあたり、やり取りについて不安をお持ちの方に対し、依頼をスムーズに行うポイントと経験したちょっとしたトラブルについて取り上げたいと思います。
これを書いているブログ主でも、実は商売についてはプロではなく兼業として経験を積んで少しずつ形になりつつあります。もし他の方の記事が、このブログでお話する物とちがう内容であっても、対処方法を組み合わせるなどしてお考えいただければ幸いです。

 

まずは、依頼主に気持ち良く依頼をして欲しい

依頼を受けていて当初思った点ですが、依頼主様はほとんどの方が初めてで、依頼慣れをされていない方だと思っています。
ですので、へりくだるまで行かなくても簡潔な内容で案内をしたいものです。以前の投稿に、やり取りの要点をテンプレート化した記事を紹介してましたので、まだご覧になってない方は下記リンクをご参照ください。

 今回は、不慣れなキャラクター制作絵師が依頼をいただいた場合を例として進めさせていただきます。 上記の内容でもご紹介しましたが、要点を先にご案内することでメリットが幾つかあります。

①絵師側は、返信を待つだけで必要な情報を把握できる
②今後の確認の際で、双方での内容チェックができる記録となる
③最低限のやり取りで済むよう、気遣い面で安心感を与えられる

よっぽどイレギュラーな切り出し方をされない限り、テンプレートでのやり取りは重要だと思います。何を優先して依頼を進めるのか分からず手間取り、収入と共に描きたいイラストでの実績も増えなかったら、どっちも残念な結果となりますよね(´;ω;`)

 

正式依頼の納品前に注意すること

正式依頼が決まったら、適宜修正をして納品(*´∀`)オメデトウゴザイマス
しかしちょっと待ってください!納品物に問題がなくとも、実は注意すべき点があります。
納品前に必ず、依頼料入金先入金自体をチェックしてください。
インターネット越しにイラストを見せるのは簡単です、しかし相手にデータコピーをされたりしたら、入金されないかも知れません…。
ですので、イラストを確認いただく際は細心の注意が必要です。

【納品前】
・イラスト解像度の縮小化(入金後に指定解像度でお渡し)
・または[サンプル]等の文字載せ(同上)
・制作物を確認いただいたら次に入金チェック
・最後にデータ受け渡し
※「先にサンプルを見せてください」でも、注意が必要です

 

これまでで少し困ったトラブル集

ここからはご依頼の流れの中で、絵師として依頼があった際に困った事例ですが少し余談です。内容の右に対策や感想を記載しています。もしかしたら…くらいなので構えずに気分転換としてご覧ください。

修正回数が多い…完成までが遠い 工数が重むので、追加料金を設定しました
依頼で描いた無料ラフを、勝手に他の絵師さんに依頼される 厚意で描いていたのでショックです…
入金が遅れる ひらすら入金催促、工数が…
連絡が取れなくなる 依頼前ならまだしも、描いた後での入金前は困ります(怒)
無償依頼の交渉 残念な話ですが、有償を理解いただけないケース有りです

 

終わりに

いかがでしたでしょうか?一介の絵師の経験則でしかないのですが、人とのやり取りをネットでする上で全く知らない状況から絵師を始める方には少しだけでも参考になっていただければ嬉しい限りです。そういう自分もまだまだ駆け出しですので、不安ですが絵師活動は楽しんで行きたいと思います。
また、HP作成の途中でありブログ更新が停滞気味で申し訳ありませんm(_ _)m

 

 

 

?