【クリスタ】3手順でできる星空の作り方

簡単!3手順でできる星空の作り方

キャラクターを作成する中で、星空を背景にする時もいつか出てきますよね(´・ω・`) ここでは、全体を星空とした背景作成を3手順にまとめてみましたのでご覧下さい。

①夜空をつくる

クリスタにて解像度「縦横:3000px✕3000px」の新規無色レイヤーを作成、黒で塗りつぶします(夜空の色はダークブルー等お好みでどうぞ)

黒塗りつぶしレイヤー

 

 

②飛沫ブラシにて星空を作る

先程の黒塗りつぶしレイヤーの上に星を描くため新規レイヤーを作成します。

レイヤー構成②

「ツール」→「エアブラシ」→「飛沫」を選択。
色は白を使います。

飛沫ブラシ

「ブラシサイズ:2000」くらいで星空レイヤーに星を描いて行きます。解像度により星のサイズが小さい・大きい等気になる方は、ブラシサイズを微調整してみて下さい。大小の星がバランス良いと、次の画像のような雰囲気になります。

星空通常

 ↑これでもいいのですが、細かい星が沈んでいるので次の手順③にて簡単に加工します。

 

f:id:li-lon-5xbp4:20181218192956j:plain

こちらは手の動きを赤い線で表現したイメージです。左上から右下に雷マークのような描き方ですが、気に入らないと消して、また雷マークをやり直します(好みですが、小さい星と大きい星の集合体が交互に並ぶとキレイに感じるような…)

 

③星空を最終加工

加工として、星空レイヤーを1回複製します。
複製したどちらかの星空レイヤーを選択し、
「メニュー」→「フィルター」→「ぼかし」→「ガウスぼかし:50」にてぼかします。ぼかしすぎると、星が消えるため50程度が目安かと。

ガウスぼかしレイヤー

 


最後に、ここまで出来た全てのレイヤーを全て合成したら夜空の完成です。先程より小さい星も出てきますね、お疲れ様でした。

星空(加算発光)


レイヤー構成はこのような感じですが、星空レイヤーは上下逆でも変化はないかと。

レイヤー構成


【ポイント】ぼかした理由ですが、星空レイヤー2つを重ねただけでは大小の星が不自然なほど輝いて見えてしまうため、強調を抑えつつあえてぼかしました。フィルターを掛けるのが手間な方は複製星空レイヤーの「不透明度」を下げるなりして、星を薄く強調しても良いかも知れません。

星空についてですが、黒塗りつぶし1色だと空の濃淡が表現できないですよね。他の方の作成されたブラシで恐縮ですが、クリップスタジオアセットにて「星空ブラシ」で検索すると簡単に濃淡のある星空を表現できるようです↓

クリップスタジオアセット


終わりに

クリスタに標準で入っているブラシに「飛沫」があるか思い出せず、この記事を書くため一回クリスタのツール・ブラシ等をリセットし直しました。しかしこれは内緒の話ですな(´;ω;`)…。次回はここで作った星空を使った、キャラクターの輝かせ方を上げたいと思います、でわでわー。

 

【クリスタ】3手順でできる星空でキャラクターを輝かせる方法 -

?